事業計画・予算

平成29年度社会福祉法人袖ケ浦市社会福祉協議会事業計画

基本方針

本法人は、社会福祉法に規定された公共性の高い団体として、地域住民の参加を促進し、行政機関、福祉関係団体等と連携を深め、袖ケ浦市における社会福祉事業及び地域の社会福祉に関する活動を促進し地域福祉の推進を図ります。

基本目標

本法人は、地域福祉活動計画に基づく「市民皆が支えあい、一人ひとりが安心して健やかに暮らせるまち」を基本理念とし、市民誰もが地域の中で生涯にわたって自立し、安心して自由で個性豊かな生活ができる地域社会を実現するため、第1に障がいの有無や性別、年齢等の違いを認め合える全ての個人の人間性を尊重する。第2に市民や団体、地域の人々が福祉活動を理解し、市民参加の協働による助け合いのまちをつくる。第3に活力ある社会福祉協議会をつくるため、組織基盤、財政基盤の強化を図ることを基本視点とし、次の基本目標を掲げ地域福祉を推進します。

 基本目標1 社会福祉協議会の運営基盤強化

 基本目標2 地域活動の支援

 基本目標3 広報、啓発、相談事業の充実

 基本目標4 生活支援の充実

重点事業

少子・高齢化の進行や働き方などの生活様式の変化に伴って地域社会や家庭の様相は大
きく変容し、さらに経済情勢や雇用環境の厳しさの長期化も相まって、孤独死や自殺、ひきこもりなどの社会的孤立の問題、経済的困窮や低所得の問題、虐待や悪質商法など権利擁護の問題など地域における生活課題は深刻化し、拡大しています。
平成29年度は、第3期地域福祉活動計画の中間年度であり、新たに策定した発展強化計画をスタートさせ、地域福祉活動計画の確実な実現と経営の健全化を図り、特に次のことを重点に事業運営を行います。

社会福祉協議会の運営基盤の強化

地域福祉活動の推進を担う中核的組織として、地区社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会、シニアクラブ連合会、遺族会、ボランティア連絡協議会の事務局を担っている団体を始め、社会福祉法人やNPO法人などの地域福祉活動の実践団体と相互連携を図り地域に密着した福祉事業を展開します。
社会福祉協議会が積極的に活動を推進するためには、住民や関係者の理解を得ながら自主財源の確保を図ることが重要なことから、サポーターである社会福祉協議会員の増員を目指すとともに収益事業として自動販売機を設置し、売上手数料による財源の確保を図ります。また共同募金配分金事業については、必要な事業や対象者に適切に募金が配分されるよう検討を行います。
改正社会福祉法に対応し、経営組織のガバナンスの強化並びに情報公開による透明性の確保を一層推進します。

地域活動の支援

近隣関係の希薄化並びに高齢化の進行に伴い「身近な交流の場」「地域の仲間づくり」が求められているため、各地区社会福祉協議会による「高齢者サロン活動」を推進します。
ボランティアの固定化、高齢化が進む中、災害時の活動を含め、ボランティア活動のきっかけづくりの場の提供に努めます。

広報、啓発、相談事業の充実

地域福祉の推進や社会福祉協議会の活動推進には、住民の理解が不可欠であることから住民の立場に立った情報提供をするため引き続き「社協だより」を毎月1回発行するとともにホームページを通じ広く住民に情報が行き渡るように努め、福祉思想の啓発と住民の自主的な福祉への参加、連携を進めます。

生活支援の充実

産前・産後の時期において、家族等から十分な家事・育児等の援助が受けられない母親等へヘルパーサービスを提供することで安心して子育てができる環境に寄与することを目的に産前・産後ヘルパー派遣事業を開始します。
中川小学校区放課後児童クラブでは、本年度実施場所を中川小学校内に変更される予定であることから、移設に向けた準備を進めます。
社会福祉金庫貸付事業については、他制度の充実により過去5年間に新規の貸付がないことから制度の在り方を検討します。

平成29年度予算

社会福祉法人袖ケ浦市社会福祉協議会収入支出予算