赤い羽根共同募金の配分金により、次のような事業を行っています。

敬老会

敬老の日に、市内6地区の地区社会福祉協議会の主催により敬老会を行います。

お年寄りのご長寿を祝し、これからも元気でいてほしいという願いを込め、演芸など楽しいひと時を過ごしていただきます。

■実施日 敬老の日前後
■実施場所 市民会館・長浦公民館・蔵波小学校・根形公民館・平岡公民館・平川公民館
■対象者 70歳以上の市民

各地区社協はこちら

敬老祝

敬老会の席上で、結婚50周年(金婚)を迎えるご夫婦と、出席者の中での最高齢の方に記念品を贈呈します。

■金婚祝 市内在住の結婚50周年を迎えるご夫婦
■最高齢者賞 敬老会6地区各会場での最高齢の出席者

ひとり暮らし高齢者等見守り訪問事業

毎月1回、見守り訪問を希望される方のご自宅を地区社会福祉協議会の事業推進委員(民生委員児童委員)が訪問します。

■利用対象者 (1)袖ケ浦市に居住する満75歳以上のひとり暮らし高齢者
(2)満80歳以上の夫婦のみ世帯(夫婦とも満80歳以上)
  • ただし、(1)、(2)どちらかに該当になった方でも同一敷地内及び隣接する土地に親族が居住している方については対象になりません。
    (隣接する土地とは、隣の土地に住んでいるまたは、道路等を挟んでいるが隣り合っている土地のことを指します。)
  • 75歳未満の方でも見守りが必要な状況にある方は、お住まいの地区の民生委員児童委員にその旨をお伝えいただき、申込書を提出いただいたうえで各地区社会福祉協議会で利用の可否について判断させていただきます。

障がいのある方々が集う会

障がいを持っている方々が集い、希望や悩みを語り合い、更に交流を深めるとともに自立と社会参加意欲の高揚を図るため、障がいのある方々が集う会を開催しています。

  • 障がいのある方々が集う会

福祉団体事業費助成

子どもたちの健全育成を推進するため、次の事業や団体に助成しています。

・子どもスポーツ大会

・房総子どもかるた大会

・ジュニアリーダースクラブ

・青少年相談員連絡協議会

・ガウラ子ども食堂

応急援護費

袖ケ浦市内に在住し緊急に援護を要する生活困難者に対し、応急援護費を支給します。

歳末たすけあい見舞い

年末年始を迎えるにあたり、「つながり、ささえあう、みんなの地域づくり」をスローガンに生活困難世帯、ひとり親世帯、ひとり暮らし高齢者等が、『明るいお正月』を迎えられるよう民生委員児童委員を通じ、歳末たすけあい見舞金品を配布します。

また住民自身による地域福祉諸活動に対し、助成を行います。